セフレといると、いつもとは違う自分になれる

どうして出会い系サイトを利用してセフレなんて募集しているの、と友人に聞かれたことがあります。

そもそも、セフレを募集していることを友人に打ち明けたのは失敗だったとも思ったのですが、いざ、どうしてセフレを募集しているのかと問われたら、その相手がたとえ親しい友人であったとしても、うまく答えられないのです。
うまく答えられないことに、私自身が一番驚きました。

友人に質問されてから、わたしなりにいろいろと考えてみたのですが、恐らく私は、セフレといる間だけは、いつもとは違う自分でいたいのだとおもいます。

私はすでに結婚していて、さらに子供もいます。その時点で、出会い系サイトを利用していること自体がダメだろうと自分でも思います。友人にとがめられるまでもなく、旦那に対する裏切りであると自覚しています。

しかしそれでも、私は出会い系サイトを通じて知り合った知人と関係を持つことをやめられないのです。

その地人とはすでにメールアドレスを交換していますので、わざわざ出会い系サイトへアクセスしなくても携帯やパソコンから連絡をとりあうことができます。もちろん、お互いのメールアドレスを知らなくても連絡をとりあえるのは出会い系サイトのメリットだと思うのですが。

嘘だと思われるかもしれませんが、だんなや子供たちのことは今でも愛しています。だから離婚などを考えて、今の過程を壊そうとは思いません。

ただそうは言っても、今の自分の生活に何の不満もないかと問われれば、決してそんなこともないのです。言うまでもなく、不満があるからこそ出会い系サイトを利用してセフレの募集などやってみたわけです。

でも、それでは具体的にどんな不満を私は感じているのか。それが自分でもよく分からないんですよね。

最近になってちょっと考えるようになったのは、私は普段、だんなや子供たちの前では無理をし過ぎているのではないかということです。

旦那にとって良い妻、子供たちにとって良い母親でありたいと思って(その考えはある程度うまくいっているとも思うのですが)あまりにも自分を厳しく律しすぎているために、たまに欲求不満を感じてパンクしそうになる時があるのです。

普段から我慢を強いられることが多い分、せめてセフレと一緒にいるときだけは、何も我慢したくないのです。いつもとは違う自分でいたくて、セフレと一緒にいるのかもしれません。

この間セフレに会ったとき、私たちはどうして一緒にいるのかしらみたいな話をしたら、なんと私のセフレも、いつもの自分とは違う自分になりたいというようなことを言っていたのです。

彼も私と同じ既婚者で、奥さんに対してそれほど大きな不満があるわけでもなく、これから先もずっと離婚するつもりなんてないといっていましたが。

私たちはお互いに、家庭の中では気を張りすぎているのかもしれません。そういう自分につかれてしまって、たまにふと、いつもの自分とは違う自分になりたいと感じてしまうことがあるのかもしれないのです。

そういう意味で私たちは、非常に考え方が似ているのかもしれません。だからセフレとしての生活もうまくいっているのかもしれませんね。

割り切り出会い

r2RusMbB